社会人5年目(27歳)の年収を振り返ってみた(東証1部上場新卒)

本業

早いもので社会人5年目が終わり、6年目に差しかかろうとしています。東証1部上場のWEB広告系の会社に新卒で就職した自分の年収が平均と比べてどれくらいなのか、実際の生活水準や会社での評価など話せる範囲で記事にしてみようと思います。

スポンサーリンク

年収450万は超えていた

社会人5年目の暮れにもらった源泉徴収票を見ると、450-500万の間くらいでした。特別賞与などもあったので450万以上くらいとぼかしますが、昨年の記事を見返すと400万以上と書いてあったので1年で50万くらいは増えていたんだなと思いました。

社会人4年目(26歳)の年収を振り返ってみた(東証1部上場新卒)
早いもので社会人4年目が終わり、5年目に差しかかろうとしています。東証1部上場のWEB広告系の会社に新卒で就職した自分の年収が社会人4年目時点で平均と比べてどれくらいなのか、実際の生活水準や会社での評価など話せる範囲で記事にしてみようと思います。

月の残業は多くても10時間超えるか超えないかくらいなので、まあかもなく不可もなくといったところでしょうか。大手転職サイトのdodaによると、27歳の平均年収は377万(男性は398万)となっておりました。

職種などまるっとくくると平均よりかは高いですが、IT企業の大手どころの平均と比べると水準かもしくは少し低いくらいではと勝手に予想してます。あと社会人5年目くらいにもなると、転職で年収をグッとあげたりする人たちも増えてきて、差がついてくる時期ですよねー。

実際、2-3年目くらいで辞めて転職した同じくらいの年代の人たちは500万を越えていたり役職ついていることもあるので転職で年収が上げるのはありかもしれません。 ミイダスという転職サービスでは自分の現在の市場価値を調べることができます。自分も試しにやってみたところ500~570万と自分の今の会社の年収よりも高い金額が表示されました。

自分の適性年収をチェック!ミイダスはこちら

副業収入があるから今のところは満足

さて、27歳で450万超の年収で現状満足かどうかというところですが、昨年と同様満足しております。正直仕事の内容的にも楽ですし、定時に帰れてますしね。残業ガンガンやっててこれだと厳しいなと思いますが、、

また、個人的な話ですがサイトによる副業収入が割とデカいので実質年収は700万を超えています。700万というと20代であれば一般的な感覚だと中々の高所得者です。結婚していても子供がいなければプチ贅沢な暮らしはできますね。プチ贅沢といっても、たまに嫁さんとかっちりしたレストランにいったり、人並みに旅行行ったり、一口馬主に出資するくらいとかですけどね。。

今年は会社の先輩とブームなのですが、少し高い時計を買ってみることが目標です。

大事なのは30代に向けてのキャリア形成

自分の年収を振り返ると、27歳、社会人5年目の年収としてはまあまあなんじゃないかというのが総括です。ただ、2019年に関しては30歳に向けてのキャリア形成ということで、ターニングポイントになってくるんではと考えています。副業は副業で成長できていければなーとは思っていますが、本業はサラリーマンなのでね。サラリーマンとしての年収の壁はざっくり500、700、1000だと考えているのでここをしっかりクリアしていくためには、今の会社でのキャリアアップなのか、それとも転職を考えるのか判断していきたいなと思っている今日この頃です。