社会人5年目で結婚して良かったと思えたこと

自分は社会人4年目の後半で当時付き合って1年くらいだった妻にプロポーズして社会人5年目になる年に結婚(入籍)しました。その際にタイミングとして良かったことなどを実体験としてまとめておきます。

大前提、結婚はご自分とお相手の好きなタイミングですればいいと思いますが、もし時期を悩んでいる方がいたらこういう事例もあるんだなくらいに参考にして頂ければと思います!

スポンサーリンク

ある程度仕事とお金に余裕がある

やはり社会人5年目となると、だいぶ仕事も慣れてきてますし社会人としての生活リズムは飽きるくらいに安定してきていると思います。仕事でも業種によるとは思いますが若手から中堅へと変わっていくタイミングです。会社や人によっては部下を持ち始める人もいるかもしれません。(自分は結婚した翌年に昇進でしたが。)

お金も社会人1-3年目の頃よりかは貯金があると思います。これも人によりけりですが、100万は貯まってると色々結婚にかかる出費に対してどんと構えてられるのかなーと思います。勿論諸々の費用を抑えることはできますが。

転職期の前に私生活を整えられる

社会人5年目というと、30歳まであと数年というところなので新卒で入った会社にいる人はそろそろ転職を本格的に考える時期かと思います。(2社目、3社目の人もいると思いますが。)

転職をするとまた仕事が新しくなって環境に馴染んだり仕事に慣れたりするのに時間を要するのでその前にプライベートを固めてしまうことで心の余裕が生まれます。

またこれは人によって考え方が変わるとも思いますが、彼女に相談するのと妻に相談するのではだいぶ安心感が違うというか、家庭のこととして扱われるのでそういった意味でも自分一人で考えこまず余裕を色々な道を探れるのかなと思っています。実際自分は妻に事あるごとに相談していて気が休まります。

35年ローンが組みやすい年齢

これも結婚しなくても別に組めるのですが、イメージでは結婚した後に家を買う、マンションの部屋を買う人が多いと思います。その際、社会人5年目前後で結婚しておくと、定年まで逆算したときに35年ローンを組みやすいです。(単純に30歳までにローンを組めば、65歳までで35年ローンになるのでちょうどよい)

実際ローンは25年でも組めますし、ローン組まなくても購入できますっていう強者もいるかもしれませんが、25年と35年だとだいぶ月々の負担が違うので感覚的にはかなりお得に感じます。

マンションの部屋購入に関して、僕は独り身の時には考えもしなかったのでやはり社会人5年目で結婚したことで妻と一緒に考えて、30歳前に購入できたことは結果的に良かったと思っています。

子供を20代中に授かれる可能性が上がる

子供を早くほしいという方には、当然ながら20代中に我が子と会える可能性が上がるので良いと思います。女性の年齢にもよりますが、同世代であればやはり社会人5年目はタイミング的にもちょうどよい年齢かと思います。(結婚して1-3年は2人で、4-5年目から子供を作るなど)

もちろん授かりものなので、計画した通りになるとは限りませんが前述の収入的にも年齢的にもちょうどよいタイミングだったなと感じています。

自分は結果的に29歳の時に妻の妊娠がわかり30歳で娘が産まれました。

周りからの評判が良い

これはおまけですが、特に会社での評判が良いです。目上の上司の方(30代後半~50代)からも所帯持ちとして見られますし、社外でも結婚しているというとそれなりにキャリア長い人っぽく見られます。(実態と関係はないけれど)

あと若手女子社員からのウケが逆にいいです。社会人5年目前後くらいで結婚していると比較的早めではあるので、早い段階で彼女さんとの関係を決めてるんだなとかよい印象を持たれている感覚があります。

別に何しようってわけでもないですが、飲み会やちょっとした会話する時に壁がないというか、社内恋愛とかになる対象でない(言い寄られたりするめんどくささがない)ので、話しやすいというのはあるのかもしれません。

以上が、社会人5年目で結婚して感じたメリットです!冒頭でも書きましたが、お相手と決めることなのでいつ結婚してもよいと思います。ただ、ちょうど社会人5年目前後で結婚悩んでいる方がいたら、結果的に色々良かったなあと思うことはありますので参考にしてもらえればと思います。