フェルマーの料理に出てくるナポリタンを作ってみた!

漫画

フェルマーの料理1巻を読んで最初に出てくる料理「ナポリタン」ですが、主人公が考えたレシピが衝撃的にうまいと描写があったのでレシピ通りに試しに作ってみました。

スポンサーリンク

フェルマーの料理のレシピ通りにナポリタンの具材を揃える

フェルマーの料理の最初に出てくるナポリタンは、学食のまかないで作れるくらいの材料なのでスーパーですぐに手に入るものばかりです。材料は下記。

  • スパゲッティ(1.8~1.9ミリ)100g
  • 玉ねぎ1/4個
  • ウインナー2本
  • ピーマン1/2個
  • ケチャップ大さじ3.5
  • ワインビネガー大さじ0.5
  • マヨネーズ大さじ1

自分はお手伝いしてくれた嫁さんがもっと具材多い方がいいとのことで野菜とウインナー多めにしました。あとワインビネガー買うのがめんどくさかったので普通の酢にしました。。w

スパゲッティは家にあったものが細めだったので家の近くのスーパーに2軒よって1.8ミリをみつけました。1.7ミリは1軒目にあったんですが太さにはこだわりたかったので。。

実際にフェルマーの料理通りの作り方でナポリタンを作る

早速漫画の作り方通りに作ってみました。一番不安だったのは、麺の固さ。作中でもあえてアルデンテではなくやわらかい麺にすることで美味しさが引き立つと紹介されていましたが、自分はパスタを食べるときはいつもアルデンテですし、ラーメンも麺固めでいつも頼んでます。

マヨネーズとビネーガーとのマリネもかなり不安でした。麺がべちょべちょになったらどうしよう。。不安に成りながらいつもよりも長めに茹でた麺を冷蔵庫へ。

その間にフライパンでフェルマーの料理通りの炒める順番で具材を調理。玉ねぎの香りが全然違う!!あめ色(茶色っぽい感じ)になるまで炒めるのがこんなに重要だったとは。

ケチャップも漫画通りフライパンに直で炒めます。急激に温度が上がることで理想的な香ばしさを生み出すとのことです。実際に香りが全然違う!!実際、玉ねぎとケチャップの炒めを少し工夫するだけで全然違いますね。

最後にスパゲッティをあえて完成!!スプーンとフォークを45度で温めておくのも忘れずにね。

フェルマーの料理のナポリタンはめっちゃ美味しかった!

実際に手伝ってくれた嫁さんと食べてみましたが、めちゃくちゃ美味しかったです!
作中で出てきたセリフ
「この満ち満ちた香り」
「ひ・・・ひと口めのの衝撃・・・・・・・・・!!!」
「噛めば噛むほど口の中で合わさっていく。新食感だこれは・・・」

全て納得がいく感想でした。ひと口めの衝撃はかなりありましたね。。最初に不安に思っていた麺のやわらかさは岳の言う通りで、ナポリタンはアルデンテでないほうが上手いのは本当でした。

フォークとスプーンもあったかいので、なんだかワクワクしましたね。Youtubeで一応作った時の様子を撮っておきました。

料理素人がフェルマーの料理のナポリタンを作ってみた

フェルマーの料理をお得に読む方法はこちら。

フェルマーの料理はzipや漫画タウンは読めない?無料で読む方法を紹介!
フェルマーの料理ですが、残念ながらzipや漫画タウンでは読めません。そもそも違反な方法や違反サイトで読むのは作者にも迷惑をかけて気持ちよく楽しめないので、安全であり正規のサービスで実質無料で漫画を読む他の方法をご紹介致します。

フェルマーの料理の名言はこちら。

フェルマーの料理の名言まとめてみました!
アオアシの作者小林有吾さんの新作料理漫画「フェルマーの料理」ですが、1巻から名言が出まくりで惚れてしまいました。