ゼノヴァース・一口馬主ライフ3頭目

雑記

一口馬主ライフ3頭目の出資をしたのはワラウカドのゼノヴァースです。この記事ではゼノヴァースの一口馬主での歩みを書いていきます。関連記事が追記という形で更新していきます。

スポンサーリンク

ゼノヴァースに出資を決めるまで

自分はワラウカドで一口馬主ライフのデビューを飾りました。最初に出資したのはディープインラヴで、2頭目はキャロットのスタックオンユー(キンカメ産駒)という未勝利のまま怪我して引退してしまったんですけどね。。3頭目は再びディープインパクト産駒が良いなと思い、ワラウカドの3世代目の看板ホースにしました。

ワラウカドは毎年ディープインパクト産駒の1番良い生産馬をクラブ用に残していると噂を聞いたことがあります。1世代目はディープインラヴ、2世代目はルヴォルグ、そして3世代目が自分が出資したゼノヴァースということになります。(ルヴォルグも出資しとけばよかったなぁ。。)

ゼノヴァースのデビューまで

これといった怪我もなく順調に育っているように思えたゼノヴァースですが、当初決まっていた池江厩舎ではなく急遽藤沢厩舎に変更となり秋の東京開催でのデビューを目指すとクラブからの情報がありました。

関東住みとしては嬉しいニュースですが、厩舎変更はデビューの時期や受け入れ態勢に対して不満があったのですかね、、なんにせよ、藤沢厩舎は優秀なので全く不安はないですね。(ルヴォルグも預かってますし)東京デビューも良いと思います。ぜひ観戦に行きたいですね。
<