渋谷フクラスが2019年秋開業予定!バスターミナルやテナント情報

雑記

渋谷駅周辺は再開発が進んでいますが、道玄坂エリアに「渋谷フクラス」が2019年秋開業予定なのでバスターミナルやテナントなど現時点での情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

渋谷フクラスとは?

渋谷駅道玄坂街区の再開発の中で開業される象徴的なビルです。地下3階、地上18階の高さ約103mを予定しており、現在の東急プラザ渋谷の正面あたりに完成予定。道玄坂といってもマークシティよりかは南に位置します。工事中ですが、割と高いです!

渋谷フクラスの2階より上のテナント

GMOが入ることで有名ですが、商業施設として東急プラザ渋谷もしっかり入ります。

GMOのオフィスは8階以上

GMOが8〜17階です。どの事業部や部署が移動するかはまだわかりませんでした。

東急プラザ渋谷

2〜8階、17,18階となります。8階と17階はGMOのオフィスも含まれます。東急プラザ渋谷に入るお店はまだわかりませんでした。

セラヴィ

17-18階には日本初上陸となるモダンアジアン料理の本格レストランが入る予定です。

渋谷フクラスの1階のテナント予定

2階より上は東急プラザ渋谷とGMOがメインですが、1階はどうでしょうか。

バスターミナル

バスターミナルが屋内に建設される予定です。各航空への直行便や主要エリアのバスが発着予定。屋内バスターミナルできるのは観光客の方にも嬉しいですよね。

観光支援施設

JTBとかでしょうか。まだ詳細は不明ですが外国人観光客の方のための施設になりそうです。

路面店舗

1階には路面店舗も出店予定です。まだ店舗の詳細がわかりませんのでわかり次第追記します。

渋谷フクラスの地下のテナント予定

地下1階には三井住友銀行、地下3階は駐車場となる予定。地下2階は館内・地域荷捌き施設となる予定。

渋谷フクラスまとめ

自分は通勤路で渋谷乗り換えなので、毎日渋谷フクラスの工事を見かけていますが2019年2月段階だとまだまだこれからという印象。完成したら帰りに寄って散策したいですね!