20代残業なしで年収700万円を達成した方法

社会人5年目が終わろうとしていますが、年収が増えてきまして昨年は700万くらいになりました。残業は月に10時間未満でほぼなし。ずば抜けて高いわけではないですが、直近で特にお金に困ることはなさそうな年収レンジかなとも思いますので、考え方や方法などを書いておきます。

スポンサーリンク

年収700万の内訳

出鼻を挫くようですが、年収700万は会社の給与だけではありません。そこそこの大学で専門的な勉強もせず、インターンもいかずに過ごしてきた人では、残業なしで会社から高額な給与を受け取れるのは稀でしょう。。それぞれ内訳を書いていきます。(念のため定義を確認しましたが、年収=会社額面給与+副収入でした)

会社の給与を上げるためのノウハウやキャリアアップについて予想していた方には期待外れですみません。全くないわけではないですが、会社の給与はジャンプアップできてるわけではないので他の記事を読まれた方がいいかもしれません。

副収入に興味がある方は是非読み進めてみて参考にしてみてください。

会社の給与

会社の給与は450万超くらいです。社会人5年目でこれくらいもらっていれば高くはないですが低くもないでしょう。新卒で入社した時の年収が320万なので100万以上は上がっています。

副収入

副収入で年間250万近く入ってきます。副業をやろうと真剣に考えたのは社会人3年目からです。以後毎年成長をみせています。年収700万を達成できた要因は間違いなく副業を始めて伸ばすことができたからと言えるでしょう。

やり立ては1日1〜2時間くらいあてていましたが、今はほぼ作業しなくてもお金が入るようになっています。伸ばすためにテコ入れはしていますが、何もしなくても年間で200万くらいは入ってくると見込んでいます。

副業へ注力した経緯

自分が副業へ注力した経緯としては、大きく2つあります。

会社の給与改定は半年に一度しかない

制度上給与改定は半年に一度なので、一度決まった給与は半年間は変えることができません。残業すれば増えますが基本給は変わらないので。

それに比べて副業は毎日売上を伸ばすチャンスがあります。基本給を月数万上げるために半年間試行錯誤することに忙殺されるのであれば、副業での伸ばし方を考えた方が効率的です。

特に会社の規模がある程度大きい場合は、個人の裁量だけで営業数値を伸ばすことは困難です。人によってはそうではないケースもあると思いますが、自分はそうでした。

ビジネス体系にもよりますが、成熟した会社の個人予算月1,000万売上を1,500万にすることよりも、全くノータッチの個人事業主の売上1万を10万にする方法の方が簡単そうじゃないですか?

簡単なのに、身入りは大きいのが副業の魅力なのです。

会社の仕事にも副業の知識が活かせる

また、会社員として仕事する上でも副業の知識が活かせるのも魅力です。

自分の場合は副業が本業とある程度分野が被っていることもあり、副業で得た知識を本業でも活かすようにしています。

前まではわからなかった用語や話がわかるようになったり、ビジネスチャンスに対しての嗅覚が上がるようになりました。

株式会社「自分」の考え方を持つことが大切

結果的に自分は年収がどちらも伸びてきて合計で700万を20代中に越えることができましたが、年収アップするためには副業を沢山やるべき!ということを言いたいのではなく、会社の給与にしても副業にしても、どちらも株式会社「自分」でみた時の事業と捉えることが大切だと思います。

その上で注力の仕方や昨対でどれくらい伸ばせるかなどを考えていけばよいのです。
(株式会社「自分」という考え方はヤフーの前社長宮坂さんより)

20代で年収700万越えのポイント

  • 方法:副業に注力をした
  • 考え方:本業、副業を事業と捉えて注力バランスを考える