仮想通貨初心者がネム(NEM)について調べてまとめてみました

仮想通貨
スポンサーリンク

2018年から仮想通貨への投資を始めた初心者がアルトコインの中でも注目度の高いネム(NEM)について調べてみましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

ビットコイン以外の仮想通貨ってそもそも何?

そもそも仮想通貨=ビットコインだと思っていたのですが、ビットコインは代表例なだけで仮想通貨は世の中にたくさんあるという初歩的なところからスタートしました。ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコイン(Alternative Coinの略)といい、2017年はビットコインだけでなくアルトコインの暴騰も注目されました。

アルトコインの中でも注目されている1つが今回ご紹介するネム(NEM)というわけです。

ネムの概要

NEMは2015年3月31日に開始された仮想通貨で、名前の由来は「New Economy Movement(新しい経済運動)」というプロジェクトの略称です。正確にはそのプロジェクトで
使われる通貨がゼム(XEM)であり、通貨単位はXEMになってます。始めて取引する方はまずここで引っかからないようにご注意ください。

用途や目的

ネムが掲げるテーマとしてプロジェクトの名前にも入っている新しい経済圏の創出が目的です。わかるようなよくわからないような。。海外とのお金のやり取りを1つの例として考えると、少しだけイメージができます。
送金にかかるスピードや信頼性が高ければそれだけ国を跨ぎつつ一般の人でも小さなビジネスができそうですよね。実際僕も海外の友達と物を売買する時は直接会わないとお金の交換しなかったり、両替の手数料あったりで割高になってしまいます。小規模や個人単位でのビジネスだと、今までは障壁が色々と大きいんですよね。
ネムはそういったものをクリアして新しい経済圏を作ろう!という目標があるわけです。

時価総額

仮想通貨には上場企業と同じように1トークンあたりの金額だけでなく、時価総額がございます。2017年末~2018年年明けで注目されたのは、
リップルが時価総額4位から2位に急浮上したことで話題になりました。
一つの目安にしかすぎませんが、この時価総額が上位におりかつまだ伸びしろがありそうなところは期待値が高いというのが仮想通貨に投資している人の中では話題のようです。

ネムは第8位となっており、仮想通貨の中でもトップレベルに位置しております。

承認アルゴリズムについて

承認アルゴリズムについてはまだ勉強中なのですが、
仮想通貨では主要な承認アルゴリズムが3つあり、それぞれProof-of-Work(PoW)、Proof-of-Stake(PoS)、Proof-of-Importance(PoI)
がございます。今回は割愛しますが、仮想通貨で有名なビットコインやイーサリアムとは別の承認アルゴリズムを使用をしており、
そこが大きな特徴と言えます。めっちゃざっくりですが、こんな分類です。

  • Proof-of-Work(PoW):ビットコイン、イーサリアム等が採用。仮想通貨における仕事量が多ければマイニング報酬が得られやすい。
  • Proof-of-Stake(PoS):イーサリアムが上記PoWから変更予定。仮想通貨保有量に応じて報酬の得られやすさが異なる。
  • Proof-of-Importance(PoI):ネムが採用。コインの「貢献度」によって報酬の得られやすさが異なる。※使用量が影響してくる。

ネムの今後注目されている点

カタパルト

ネムの2018年飛躍する要素として最も注目されているのがカタパルトというアップデートです。
こちらも勉強中なのですが、ざくっというと仮想通貨の処理速度が圧倒的に上がるものなのです。

取引所・販売所が増える

国内大手の仮想通貨の取引所、ビットフライヤーへの上場(上場=取引が新しくできるようになること)が予想されており、
こちらも今後のネムの価格を上昇させる要素として期待されています。
というのも、ネムが販売されているのは主要どころだとZaifやコインチェックなのですがZaifは本人確認に時間がかかっていて
新規で取引を始めるのにはかなり遅くなる状況、コインチェックは本人確認はすぐに終わるもののスプレッドが高すぎるのがデメリットです。
そんな中でビットフライヤーでの上場がきまると新規で取引する人も増えるので期待されているということです。

実際、モナコインという仮想通貨が2017年10月に新規でビットフライヤーに上場された際には価格が暴騰し話題になりました。
ビットフライヤーだけでなく、ネムは世界的にみても注目度や時価総額の割に他の仮想通貨と比べると販売所や取引所が圧倒的に少ないです。
世界最大手のバイナンスでさえ、ネムの取引はございません。

したがって、今後上場が増える伸びしろがありますのでその点についてもネムが上昇する期待値となっております。

まとめ

まだまだ勉強途中なので、初心者として現時点で頭に入った程度の情報をざくーっとまとめましたが、
引き続き情報を集めて自分なりに勉強をしていきたいと思います。ネムバーという、ネムを使って支払いができるバーもあるみたいなので
そこにも時間を作って足を運んでみたいと思います。2018年のネム飛躍に期待!