ヒーローマニューバーレプリカのガチマッチでのおすすめ立ち回りとギア構成

スプラトゥーン2
スポンサーリンク

S+である自分がヒーローマニューバーレプリカをガチマッチで実際に使ってみた際におすすめのギア構成や立ち回りをまとめてみましたのでご参考までに!

スポンサーリンク

ガチエリア

ヒーローマニューバーレプリカとガチエリアは愛称はまあまあだと思います。メインブキは塗り性能がいいですし、クイボやマルチミサイルもある程度塗れるのでバッチリです。

クイボに寄せるか、マルチミサイルに寄せるかで方向性が変わってきますので参考にしてみてください。

ギア構成

クイボが塗りにも役立つので、サブインク効率は必須です。あとはメインインク効率やインク回復アップなど、とにかくインク切れを起こさないギア構成がいいかと思います。あとは自分はボム強化をつけて遠くからでもクイボを投げられるようにしとくと、マニューバーの弱点である射程もカバーできるのでおすすめです。

立ち回り

がんがんキル取りに行くよりはやや後方寄りに位置して塗りメインにしたほうが勝てている印象です。塗ってるだけでもマルチミサイルが撃てるのでボランチ的なポジションでいきましょう。エリアに侵入してきた敵を排除するのはヒーローマニューバーレプリカの仕事です。クイボとスライドを活用しましょう。

もし味方にチャージャーやスピナー、ジェットスイーパー等長距離射程が多い場合は、自ら前線に出ていきましょう。マニュコラほどの機動力はありませんが、クイコンで相手を剥がしていきます。

ガチヤグラ

ガチヤグラではサブよりもスペシャルが効いてきます。ただ、最近ヒーローマニューバーレプリカでやってる感じだとヤグラかホコが愛称悪そうです。

ギア構成

爆風軽減とサブインク効率あたりを中心に積んでいくのがオススメです。スペ増も積んでおくとヤグラから降ろすのに役立ちます。あとはガチエリアと同様インク効率系を積んでおきましょう。

立ち回り

やはりやや後方に位置取りします。序盤はクイボで牽制しつつ、スペシャルで敵を降ろしたり味方にも位置を知らせて数的有利を作れたら一気に攻め込みます。ヤグラにはメンバー構成にも寄りますが、乗っちゃいましょう。危なくなったらスライドですぐに降りて逃げ、とにかく延命です。ミサイルで確実に相手を降ろすことができるのは強みなので、無理せず確実な立ち回りを心がけるのが良いかなと思います。

 

ガチホコ

ガチホコでは他のガチマッチとは戦略を変えてスピードとキルを取りに行くことをある程度優先するのが良さそうです。マルチミサイルが攻めの時以外はあまり使えません。クイボも微妙です。正直なところ、他のガチマッチの中で比較するとヒーローマニューバーレプリカはガチホコが1番向いていない気はします。

ギア構成

インク効率や相手インク軽減と、対物強化は積みたいところですね。また、イカ速をつけてスピードは他のガチマッチよりも意識した方がいいと思います。

 

立ち回り

ギア構成の通り、ある程度スピード勝負でいく立ち回りです。移動速度とホコ割り速度で相手のペースを乱しつつ、隙を見てキルをとっていきます。

スペシャルは守りの時はあまり使えない印象なので、攻めでトドメくらいに思っておいた方がよさそうです。

ガチアサリ

ヒーローマニューバーレプリカのガチマッチでで1番相性が良いのではと考えているのが、ガチアサリです。とにかくクイボとスライドが対面にめちゃくちゃ強いため、1対1での強さを生かして立ち回りを考えます。

ギア構成

生き残り重視で安全靴と爆風軽減、クイボは結構投げるのでサブインク効率をがんがん積みましょう。あとはサブ強化を積んで、射程が長い相手にも戦えるようにしておくと1on1ではかなり強くなれます。

立ち回り

とにかく1on1を仕掛けていき、相手のキルを取っていきましょう。数的不利がなければ基本的にヒーローマニューバーに勝てるブキはほぼいません笑射程が長い相手には、それぞれの射程外からクイボを2発かクイボ→スライドで避けながら射程に入り2確でキル、射程が短い相手には相手の間合いに入らずに仕留めます。この技をマスターできれば同じマニューバー系統でも射程とキル速度を圧倒できるのでかなり強いです。自分はこの組み合わせで下手ながらS+までいけました。

気をつけなければいけないのはさらに射程が長いチャージャーやスピナー、あと1on1の時のガロンですね。。ブラスターはコツ入りますがしっかりとイカ状態で避けていけば大丈夫だと思います。

ヒーローマニューバーレプリカのガチマッチ立ち回りまとめ

いかがでしたでしょうか。自分はマニューバーの中でもヒーローマニューバーレプリカを一番愛用しています。デザインかっこいいし、1on1強いし。。!トップレベルの人の話ではないのですが、参考にしていただければ幸いです。