ディープインパクトとオルフェーヴルどっちが強い?凱旋門賞も両馬とも惜しかった

今年も凱旋門賞が終わりました。日本馬の結果は予想通りとして、やはりディープインパクトやオルフェーヴルのクラスでないと勝つ見込みはなさそう。そこで、ゲームでそれぞれ凱旋門賞をリベンジしてどっちが強いか試してみました。

スポンサーリンク

チャンピオンジョッキー2018でプレイ

実際のプレイ動画はこちら。まあゲームなので、、馬のポテンシャルはディープのほうがやや高めですがハマるとオルフェーヴルのほうが強いという感じです。結果は動画のお楽しみに。

凱旋門賞リベンジ・ディープインパクトとオルフェーヴルどっちが強い?

相手はディープやオルフェーヴルが出走した時勝ち馬はもちろん、シーザスターズなど2010年代の歴代の凱旋門賞馬を盛り込んでおります。あとエルコンドルパサーとモンジュー。

ディープインパクトとオルフェーヴルどっちが強いと思う?

競馬にたらればはないのですが、それでも考えてしまいたくなるのはファンの性ですね。個人的な予想だと、たぶん6・4か7:3くらいでディープインパクトのほうが強いと思います。
理由はディープインパクトのほうが弱点が少ないから。

馬の走力ポテンシャルはあまり変わらないかもしれませんが、ディープインパクトは基本的には折り合いつくし、並ばれるのが苦手(本気で走らない?)なことや馬込み以外は弱点らしい弱点がないのでディープインパクトのほうがレースの勝敗でいくと強いと思います。オルフェーヴルも馬体は小柄なので、この点はほぼ同じなのととにかく気性が荒い。。ただ、それが故に闘争心が爆発した時で噛み合えば、ディープインパクトも負かせる可能性は十二分にあると思います。距離は2000〜3200だったらまあどれも変わんないでしょう笑強いて言えば、無尽蔵のスタミナと折り合い面で長距離のほうがよりディープが有利なのかな、、と思うくらい。(たぶんオルフェーヴルもスタミナは良い意味でやばい)

凱旋門賞2019の感想

さて、凱旋門賞2019はディープインパクトの息子も出走しましたが結果は残念の感じに。。

最強牝馬エネイブルも3連覇ならずでしたねー。凱旋門賞に限らず同一GI3連覇はまじむずいですね。マキバオーの世界ではエルサレムが凱旋門賞3連覇してますけどね。。
日本馬は参戦した馬のポテンシャルはもちろんとして、やっぱり3歳馬で挑戦かつフランス長期滞在しないときついと思います。(それが難しいんだとは思いますが、、)