武蔵野から何を学ぶ!?アオアシ9巻を読んでみた感想【ネタバレあり】

漫画

最近アオアシを読み返しておりましてBチーム編のラスボス武蔵野との対戦開始までが描かれる9巻の感想を改めて書きたいと思います。ネタバレを含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

序盤は武蔵野ユースの試合を研究と金田

9巻の序盤は武蔵野ユースの試合を観戦して、研究。超ハイプレスサッカーの一枚岩の強さを感じたアシト達。技術はエスペリオンユースに劣っていても、自分たちの弱さと向き合っている武蔵野ユース。
そして、金田はエスペリオンユースに落ちた悔しさをバネにフィジルカルモンスターに成長しています。序盤でグッときたのは、仲間のことを悪く言われたアシトと橘がそれぞれ金田に突っかかったとこですかね。青臭い感じですが、橘のこういうとこ好きです。

あとネタ要素ですが大友の謎イケメン風な作画も好きですw都さんみたいな姉さんタイプ好きなのかなー。

中盤は富樫と昇格生との確執を振り返る

小学生時代の富樫と竹島や黒田といった昇格生との確執がどこで生まれたのかを振り返ります。この話は今後のアオアシでも結構重要な要素な気がします。プロになるためにサッカーやってるのか、それとも勝つために、あるいはサッカーをもっと楽しむために。。先のネタバレになってしまいますが、栗林が目標にしていることがかっこいいですよね。

アオアシ14巻の電子書籍は発売日9月7日!ネタバレ有りの感想
アオアシ14巻は発売日8月30日で楽天koboで読もうと思ったら電子書籍は9月7日でした!本日早速読んでみたのでネタバレ有りですが感想を書きます。

これエスペリオンのユース生はみんな学ぶべき。まあ口で言うのは簡単なんですけど。。栗林が言うと説得力があるなぁ。

終盤は橘や竹島が立ち上がる!そして武蔵野ユース戦へ

9巻の終盤は橘が自主練をみんなに呼びかけたり、竹島がそれに乗っかってきたりと一部ではありますがチームの活性化が生まれてきます。竹島の「たぶんお前弱くないぜ」っていい言葉がけでしたね。そして橘よくぞ立ち上がった!望コーチいい奴すぎるわ。9巻はアシトが主人公というより、橘と竹島が主人公みたいなもんですね。

武蔵野ユース戦は試合開始までいきますが、めっちゃ序盤で終わるので実質試合は10巻と11巻で描かれることになります。過去の部分も描かれているのでアオアシの中でもキーポイントとなる9巻でした。

アオアシ9巻を読む方法についてはこちら。

アオアシは漫画村やzip・rawでもう読めない?無料で読む他の方法を紹介!
アオアシですが、アクセス不可になってしまったため残念ながら漫画村ではもう読めません。zipやraw形式も広告が沢山でたり表示されなかったりします。しかし広告なしで安全に実質無料で漫画を読む他の方法はございますので、ご紹介致します!