アオアシ18巻のネタバレ有感想!ファイブレーンアタックに鳥肌たった

漫画

2019年10月に発売されたアオアシ18巻を速攻で読みましたので、ネタバレ有感想を記事にしていきます。ファイブレーンアタックがまじでしびれました。

スポンサーリンク

対船橋戦の前半までがアオアシ18巻

今回はがっつり試合の回です。だんだんとAチームに定着となりつつあるアシトはスタメンで、左サイドバック。栗林も阿久津もいます。

船橋の2トップはまじで強すぎるけど、阿久津いるから安心感あります。アシトもしっかり自分の能力と培ってきたディフェンス力を懸命に使います。

今回の目玉はファイブレーンアタック

今回なんといっても目玉はファイブレーンアタック。自分サッカーやってましたがファイブレーンって用語初めて知りましたよ。。

どうやら福田監督の理想サッカーの戦術のひとつにこのファイブレーン概念があるようです。

ファイブレーンを活用した「ファイブレーンアタック」は一定の条件を常に満たさないと有効ではないですが、パスをでつないで相手を翻弄させます。

アシトはさらなる覚醒?それとも暴走。。?

ファイブレーンアタックはエスペリオンのAチームをもってしても難しいとされる高等戦術ですが、アシトは足元の技術は劣るものの俯瞰の能力があるためばっちりこの型にハマります。(栗林談。他の選手は不安がってる)

しかし、ハマりすぎてるがゆえに福田監督ですら今まで見せなかった表情で不安がります。これは何を示唆しているのか。。?さらなる覚醒??それとも暴走や怪我か。。

とにかく19巻が楽しみで待ち遠しい。。!