巌さんカッコ良かったです!アクタージュ6巻の感想!(ネタバレ含む)

漫画

2019年5月に発売されたアクタージュ6巻を読みましたので、感想を記事にしたいと思います。ネタバレを含みますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

前半は星アキラの新しい魅力

5巻の最後はアキラのシーンで終わりましたが、6巻はその続きから。アキラの新しい魅力や成長力が見えましたね〜。これを引き出したのは劇団天球の仲間であり、そして巌裕次郎でしょう。個人的に星アキラは応援したい登場人物ナンバー1ですね。
なんかなんでも持ってる優等生のように見えて、本人はいつも自分の才能の無さに抗っているみたいな、、でも本当は自分でも気づいてないような素晴らしい才能を持ってるって展開好きです。

中盤は阿良也と巌さんの回想話多め

中盤は4-5巻では明らかになっていなかった阿良也と巌さんの回想シーンがメイン。

阿良也の「あんたは俺だけを見ていればいい」って言うシーンまじかっこ良かった。。あれ後輩とか弟子に言われたら泣きますね。

巌さんと星アリサの間に何があったのかはまだわかりませんが、救いたかったという巌さんの気持ちも滲み出ている回想シーンです。

それにしても年取ってても星アリサは美人で存在感やばいですね。

後半は阿良也の新境地と主人公夜凪が魅せる!

そして後半は舞台のクライマックスに戻りますが、阿良也がさらなる新境地の演技を魅せるも、憑依しすぎて本人にもダメージが。そりゃあ父親変わりともいえる巌さんが亡くなるんだからダメージありますよね。。

しかし、それをさらに救うというか、ちゃんと見ている感じが漂う夜凪ちゃんが演じるカムパネルラ。

個人的には最後幕が落ちて、「僕たちには明日があるから」って言葉が、カムパネルラが言ったの夜凪ちゃんが言ったのかわからなくて、感動したシーンでした。6巻のMVPシーンはここかな。。

6巻の総括!めちゃ良かった

6巻の終了とともに、銀河鉄道編も終了。巌さんと阿良也の存在感がありすぎましたが、今までのアクタージュのストーリーの中だと銀河鉄道編が個人的に1番かな。。名言が多すぎました。

役者魂溢れるアクタージュの名言をまとめてみました!
特異な才能を持った夜凪景が様々な作品や監督、役者と接点を持ちながら成長していくアクタージュですが、役者のストーリーだけあって名言も多いです。そこで個人的に気に入ったアクタージュの名言をまとめてみました。

さてこの後はいよいよ本元の黒山墨字監督が手がける映画となるのか!?星アリサの過去やこれからの夜凪ちゃんはどうなるのか!楽しみで仕方がありません。

アクタージュを漫画タウン・zip以外で無料で読む方法!
アクタージュはジャンプで最近話題の作品ですが、無料で試し読みできたら良いですよね。しかし漫画タウンやzipはウイルス感染の恐れもありますし、そもそも作者に対しても失礼です。そこで、しっかり作者にも還元され合法で無料で1巻読む方法をご紹介します。